ぐーだらな映画鑑賞

ぐーだらな映画鑑賞

私は今、学生ということで少し早めでそして長めの春休みである。毎日必ずしも予定というものがあるわけでもなく、暇な日も当然あるわけである。そんな日は、何をしようと思ったのか。そう、ぐーだらと映画鑑賞をしようとおもったのだ。その日の前日の夜に、日ごろから観たいなと思っていたものだったり、もしくは、友達に面白いとおすすめしてもらったものを借りて、次の日に向けて準備をした。その次の日は、昼間の1時ころに目が覚めて、鑑賞を始める前に、飲み物やチョコなど鑑賞に必要な物の準備をする。その時、なかった場合はマンションの近くのコンビニまたは自動販売機でその必要な物を調達していく。すべての準備が整ったら、映画を見始める。もうこの時点で、ぐーだらしているわけだけだが、生産性がないこの時にその時点では満足しているわけである。さあついに映画を観始める。友達におすすめしてもらった一作目を観ながら、すごくそれが面白くて、満足していた。しかし、二作目は思っていたのと少し違くてちょっと残念であった。あまりにも悲しかったのである。もう少し最後は、ハッピーエンドで終わると思っていたのに、それで終わらずすごく中途半端な感じで終わってしまい、もどかしかった。終始ぐーだらであったが、このような休日もたまにはあっていいのかなと思う一方、この生産性のない日に少し後悔した一日でもあった。

オーダーメイドスーツ通販